CMSコンテンツマネジメントシステム開発WebPage21は、官公庁や自治体の行政サイト、企業・事業所・団体向けホームページ自動作成システムです。簡単操作、高機能、低価格、携帯サイト同時生成対応。~島根・鳥取・山形・岡山・広島・松江・出雲・米子~
システム

アクセスビリティー対応

2007年4月26日
閲覧者が素早く目的の情報やページにたどり着ける工夫、サイト内をスムースに閲覧して動ける工夫、サイト内で迷わない仕掛けなどを標準で装備しています。また、目の不自由な人々が使用する音声読み上げブラウザ対応など、常にユーザビリティーやアクセスビリティーに配慮した開発設計を行っています。

WebコンテンツJIS(JIS X 8341-3)に則したアクセスブルなホームページをめざして

2004年6月に、Webアクセシビリティを規定する「WebコンテンツJIS」《JIS X8341-3 ウェブコンテンツJIS(正式名称「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」)》が制定されました。

 これにより、自治体・公共機関や公共性の高い企業などのサイトでは、ホームページのデザイン以上に、バリアフリーなホームページへの取り組みが急速に進んでいます。

CMS WebPage21でも、システム開発・改良にあたり、「WebコンテンツJIS」に配慮したアクセスブルなサイト構築が、システム的に自動的に、そしてスムースに行えるよう、様々な工夫や機能追加を行ってきました。

(※ 注意 WebコンテンツJISは、決してシステムだけでは解決しません。あくまでサイト管理運営者の意識や取り組みが一番重要と考えます。)

以下、それらの主なものを紹介します。(下図参照)

*写真の説明文(写真上にマウスを当てるとalt文字が表示されます。
写真の説明文(写真上にマウスを当てるとalt文字が表示されます。
08592