CMSコンテンツマネジメントシステム開発WebPage21は、官公庁や自治体の行政サイト、企業・事業所・団体向けホームページ自動作成システムです。簡単操作、高機能、低価格、携帯サイト同時生成対応。~島根・鳥取・山形・岡山・広島・松江・出雲・米子~
システム

権限別ワークフロー機能(権限別ユーザー管理と公開・非公開稟議決済)

2004年11月19日
CMSコンテンツマネジメントシステムは、情報をもった各部各課各セクションの担当者が、各々担当するページやフォルダに権限別のIDとパスワードにより、情報の公開・非公開・修正・削除を決定できるワークフローによるサイト管理が可能なシステム。

ワークフロー機能

官公庁や市町村自治体、中大規模な事業所などでは、情報をもった複数のセクションから直接Webによる情報を発信する場合、通常、

  1. 文章作成者(編集者)が作成・修正・登録した文章データを、
  2. 上司(管理者や稟議者)が内容のチェックをして情報の公開・非公開・修正・削除を決定し、トラブルや混乱の防止策をとっています。

コンテンツマネージメントシステム(CMS)には、こうしたサイトの分散管理に伴う権限別ユーザー管理機能と公開・非公開稟議決済機能を備えたワークフロー機能が不可欠です。

CMS WebPage21では

コンテンツマネージメントシステム【tm-21.com WebPage21】は、各カテゴリ毎に四種類の権限(管理者・稟議者・編集者・ゲスト)を付与したユーザー発行管理ができ、各部・各課・各セクションから複数の担当者によりスムースなサイト管理が可能です。

⇒ 【各機能の詳細】はこちらをご覧下さい。

11746